個性を摘んだら理想が咲いた

【ネタバレあり?】ピーターラビットの映画は面白い?!実写映画を観てみた感想。

f:id:kibounoarusorani:20180611221128j:plain
※ 写真はイメージです。

2021/06/26更新!


こんにちは!(゚∀゚)

2018/5/18に公開された映画、
"ピーターラビット"の感想を書きました!

感想の結果を先にお伝えしますと、面白かったです!

ギャグ要素がありそうだなー
とCMで観てて思っていましたが、まさにその通り!!!

期待を裏切りませんでした。

この記事は、観たいけどどうなの?面白い?
など、観ようかご検討中の場合に参考になればと書きました。

なのでネタバレありかもですし、
これから観る事が確定していて、

"どうなるか、どんなお話しかを、知りたい!"

って方は、ブラウザバックのご協力をお願いします



ピーターラビットとは?


ピーターラビットとは、うさぎが主人公の絵本です。

キューピーのCMや、時々商品にもなっていて

"和やかで可愛いうさちゃん"

として知れ渡っている印象が個人的にはありますが、
実際の物語は全然そんなんじゃない!!


話を簡単に説明しますと、

元々動物が過ごしていた土地にマグレガーおじさんが住み始めます。

そのマグレガーおじさんは畑をしているのですが、
その畑にある日、ピーターのお父さんが野菜を収穫に行きます。

ですがお父さんはそのまま帰らぬうさぎとなり、
マグレガーおじさん夫婦の食事(うさぎパイ)にされて食べられてしまうのです。

その後お母さんも亡くなりますが、両親が亡くなった後もピーターは妹といとこと野菜の収穫を続けます。

そしてピーターもマグレガーおじさんにパイにされてしまう‥!
と言う危機の中、マグレガーおじさんは長年の暴飲暴食により急死するのです。

その間もなく、マグレガーさんが大叔父にあたるトーマス・マグレガーがマグレガーおじさんの家に引越してきて、ピーターとトーマスが縄張りバトルを繰り広げる‥!と言うお話です。


ピーターラビットの可愛いグッズを紹介してみました!
kibousky.hateblo.jp

吹き替え声優


主人公ピーターの声は、なんと千葉雄大さんです!

誰が吹き替えされてるのか知らずに観ていたので、キャストが流れた時には意外だなと思いました。

芸能人の方が声優をされると、芸能人の方にもよりますが、片言と言いますか、ぎこちなくなりますよね?

役者さんのような演技と声だけの演技だとまた異なると言いますし、
声優って難しいって言いますし。

ぎこちなくても仕方ないかも知れませんが、
やはり映画を観る側からすると話にのめり込めるか込めないかになるので結構重要ですよね。

でも千葉さんの演じるピーターには、特にそう言うぎこちなさと言いますか、不自然な感じはしませんでした。

しかも歌うシーンがあるのですが、歌もお上手で。素敵でした。

その他メインの登場人物のキャストはと言いますと、


トーマス・マグレガー cv浅沼晋太郎さん
ビア cv渋谷はるかさん
フロプシー cv清水理沙さん
モプシー cv木下紗華さん
カトンテール cv下田レイさん
ベンジャミン cv吉田ウーロン太さん
マグレガーおじさん cv糸博さん


が演じてらっしゃいます。

千葉雄大さん以外の上記に書いた方々は声優(または声優を含むマルチ)として活動されています。

映画のストーリー


一番最初のシーンは、
まず鳥さんが3匹で歌いながら飛んでるシーンから始まり、ピーターとぶつかって落下()

それからピーターはいつもの通りに妹三人といとこを誘って、マグレガーおじさんの畑に侵入し、野菜を盗みます。

野菜の収穫も済んで、もう少しでマグレガーおじさんの畑から出られると言う所で、ピーターはマグレガーおじさんに捕まってしまいます。

そして無事、マグレガーおじさんからは逃れる事に成功はするものの、青のジャケットを脱ぐハメになり、その場を後にしてしまいます。

ですが、そのジャケットは、パイにされてしまったお父さんの形見の服‥

ピーターはどうしてもそのジャケットを諦める事が出来ませんでした。

そうです。捕まる危険を冒しながらも、ジャケットを取り返しにもう一度畑に入るのです。だけど今度こそ本当の大ピンチ!!!

マグレガーおじさんの罠にまんまと引っかかり、捕まって、ピーターまでパイにされそうになります。

だが間一髪。
いいタイミングで、マグレガーおじさんは、今までの暴飲暴食が原因で倒れ、命を落としたのです。

これでピーターは邪魔者をやっつけたと、やっとこの日が来たと、その他の愉快な仲間たち(色んな動物)をマグレガーおじさんお家へと招待するのです。

が、そんな幸せもあっと言う間に終わります。
はい、ここでマグレガーおじさんが大叔父にあたると言うトーマスが登場するのです。

トーマスは10年程、おもちゃ会社で昇格する事を夢見て働いて来ました。
ですが、その夢は叶わず仕舞い‥。

そんな中、
自分には大叔父がいると言う事をマグレガーおじさんが亡くなってから知り、

マグレガーおじさんの家を売ってそのお金でおもちゃ会社を設立しようと思い立って、一度視察がてらにマグレガーおじさんの家に引っ越して来ます。

そうです。
この日からトーマスとピーターのバトルが始まるのです。

"お互いにマグレガーおじさんの家を追い出したい。"

だけど、ビア(人間の女性)はトーマスも、ピーター達も大切だからお互いに仲良くしてほしい。
でも、当の本人達は、ビアの想いとは裏腹に互いにいたずらを仕掛けていく始末。

そして最終的には‥





と言う事で詳細且つ結末はDVD・Blu-rayで!


てな感じでざっくり書きましたがこんなストーリーでした。

かーらーのー、
映画終盤で実写がアニメに変わります。

最後の最後には、皆の飼ってるうさぎさんの投稿写真の一覧の映像が流れていました。

その中には、ピーター仕様にしているうさぎさんもいて、個人的にはそのうさぎさんがピーターに見えて一番可愛かったです。


って、少し映画の内容を喋り過ぎましたかね?
でも許して下さい。教えたくなるくらい良かったって事なので。

映画を観た感想


冒頭でも書きましたが、ほんまに面白かったです!
観るか迷っているなら観るべきです!

CMのイメージ通り、いや、CMで観た期待よりも上だったかも??
笑えるところが多々ありましたし、客席からも笑いがこみ上げていました。

例えば、


**

雄の鶏の声が千葉繁さんなのですが.
その鶏のセリフが面白いやなんの()

せっかく人生が終わったと思ったのに、また今日が来てしまった
みたいな事を叫んでます。朝が来る度に()


**

鳥さんが3匹飛んでるんですが、歌いながら飛んでます。
基本は普通に歌ってるのですが、一部ラップで歌ってるシーンもあります。
が、毎度毎度お決まりの邪魔が入り、落下したりしてます()


* 妹の三つ子 *

ピーターの妹のやり取りが面白いです。
実は私が長女、いや私がとか()
結局誰が長女やねん!みたいな()


* ピーターのいたずら *

実に頭がいいのです。このうさちゃん。
トーマスのあるいたずらに対して、反撃をするシーンがあるのですが、それがドアノブを触ると、触った人が吹き飛ぶといったシーン。

あのシーンでは、笑いが込み上がっていました()
今思い出しても笑えてきます()


と言う風に、コメディー盛り沢山の映画でした。
そしてCGのピーター可愛い、癒し♡

ちなみに、絵本ではピーターのお父さんは、パイとして出て来るそうですが、映画ではうさぎの姿も出て来ます。

もちろんパイになった姿も‥()

まとめ


絵本が元となってるお話というだけあって、年齢層幅広く観る事の出来る映画だと思いました。

ちなみに私は何を観るにも、また観たいなんて思う事はほぼありませんが、この映画に関しましてはもう一度観たい‥!と思えました。

そして、最後まで集中して観る事が出来て、笑えた映画でした。

最後に


沢山の記事がある中でこの記事を見つけて読んで下さり、ありがとうございました!

少しでも"観てみたい!"と感じていただければ幸いです。
そう感じていただけましたら是非是非!ご覧になってみて下さいね♪



※ 写真は、ビアとピーターをイメージして写真ACさんから素材を使わせていただきました。